ここから本文です

羽田空港にロボット導入へ 清掃・案内ロボなど一般募集

ITmedia ニュース 9月20日(火)14時30分配信

 羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは9月20日、清掃ロボットや案内ロボットなどを事業者や開発者から公募し、同空港内で実験導入する「羽田空港ロボット実験プロジェクト2016」を実施すると発表した。同日から第1期参加事業者を募集している。

【募集要項をみる】

 日本空港ビルデングは国土交通省、経済産業省と連携し、空港内でロボットを活用して問題点を洗い出す「Haneda Robotics Lab」(ハネダロボティクスラボ)を設置。ロボットを開発している事業者や研究機関に空港内での導入実験を許可し、有効性の検証やデータ収集を可能にし、開発を後押しするのが狙いだ。

 第1弾のプロジェクトでは「清掃ロボット」「移動支援ロボット」「案内ロボット」の3種類をWebサイト上で公募。募集受付は10月13日まで。実験期間は11月初旬から17年1月末までを予定している。募集テーマに沿わないロボットでも、実現性や導入効果、将来性などが見込まれる場合は提案を受け付けるという。

最終更新:9月20日(火)14時30分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]