ここから本文です

銀座駅で初のクロークサービス 東京メトロが期間限定で実証実験

ねとらぼ 9/20(火) 15:24配信

 東京メトロは銀座駅四丁目交差点改札口において、利用者の手荷物を預かるクロークサービスを9月21日から30日までの期間限定で実証実験を実施する。

【クロークサービスの位置を地図で】

 東京メトロでは初となる施策で、ヤマト運輸と共同で実施する。銀座駅構内に通常のコインロッカーでは預けられない大きな手荷物を預けることができるクロークを設置することで、周囲の観光や買い物などを手ぶらで楽しむことができる。実証実験を通して、今後の事業展開の可否に関して検討するとしている。

 荷物は受付で引き換えチケットと交換。預かりは当日中に限る。誰でも利用可能だが、動物や植物、魚介類、生もの類、貴重品などは預けることができない。実施場所は銀座駅四丁目交差点改札口(A5出入口付近)。利用料金は手荷物1つあたり500円(税込)。10時から20時まで利用可能だ。

最終更新:9/20(火) 15:24

ねとらぼ