ここから本文です

湾岸ミッドナイト「黒い怪鳥 ブラックバード」、1/18スケールモデル近日発売

レスポンス 9/20(火) 21:15配信

ミニカー製造販売のオートアートは、漫画『湾岸ミッドナイト』(楠みちはる作)に登場する“湾岸の黒い怪鳥「ブラックバード(ポルシェ ターボ)」を再現した1/18スケールモデルを近日発売する。

[関連写真]

主人公「朝倉アキオ」が駆る「フェアレディZ(S30)」、通称「悪魔のZ」が、首都高を舞台に繰り広げるバトルを題材にしたコミック「湾岸ミッドナイト」。1990年の連載開始以来、単なるスピードの速さやバトルの勝敗だけでなく、「悪魔のZ」に魅せられた走り屋たちの人物描写や物語の面白さもあり、今なお多くの支持を集めている。

オートアートでは、「悪魔のZ」に続き、そのZと運命的なバトルを演じたライバル「島達也」の「ポルシェ ターボ」、通称・湾岸の黒い怪鳥「ブラックバード」を忠実に再現。膨大なコミックの資料をはじめ、チューニングパーツを含めた実車取材など各方面から情報を集め、徹底的にリアルさに拘った製品となっている。

価格は2万1800円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/20(火) 21:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。