ここから本文です

隠岐・海士町に「ポケストップ」出現? 一部島民歓喜も /島根

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)17時15分配信

 位置情報を活用し、現実世界をステージにして「ポケットモンスター」(ポケモン)を捕まえたり、ポケモン同士を戦わせたりするスマホゲーム「ポケモンGO」の補給基地である「ポケストップ」が9月18日、海士町に出現したとして話題を呼んだ。(隠岐経済新聞)

「ポケモンGO」における通常の海士町・菱浦港の風景

 情報元はポケストップ検索サイト「ポケストップGO」。公式サイトではないものの、エリアで出現するポケモンも調べることができるなど、人気を集めている。

 同サイトによると、菱浦港と海士町役場の2カ所がポケストップとして登録されている。発見したのは関西から仕事で訪れているMさん。「隠岐4島でポケストップがないのは海士町だけ。『もしや』と思いサイトを開いたら2カ所登録されているのを見て驚いた」と話す。

 「すわ一大事」と島内在住者とともに「ポケモンGO」を起動させるも、いつもと変わらぬ「何もない風景」が広がっていたという。「補給が絶たれると課金するしかなく、離島の厳しい現実を再確認した」と島内在住者とともに肩を落としていた。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)17時15分

みんなの経済新聞ネットワーク