ここから本文です

中国企業に北朝鮮の核開発支援の疑い、米中当局が捜査=WSJ

ロイター 9月20日(火)12時38分配信

[19日 ロイター] - 米中当局は北朝鮮の核開発プログラムを支援した疑いで、中国共産党幹部が設立した鴻祥実業発展の資金の流れを調査している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が19日報じた。

報道によると、遼寧省の警察当局は、北朝鮮との貿易を通じて同社が長期的に「重大な経済犯罪」に関与した容疑で捜査を開始した。

中国当局は過去数週間で鴻祥実業の創業者馬暁紅氏と同氏の関係者の資産を一部凍結したという。

米司法省の当局者は先月、北京を2度訪れ中国の当局者に鴻祥実業が関与したとされる違法行為について説明したとしている。

報道によれば、司法省は今週にも北朝鮮に金融支援を行った疑いのある中国企業への法的措置を発表するという。

最終更新:9月20日(火)12時45分

ロイター