ここから本文です

金藤 去就は「早く答え出したい」日本選手権出場は「3割ぐらい」

スポニチアネックス 9月20日(火)7時2分配信

 リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵(28=Jaked)が来春の日本選手権に出場する可能性を「3割ぐらい」とし、来季以降の現役続行に含みを持たせた。

 金藤は20年東京五輪についてリオ五輪後から「競技者として携わることは考えられない」と現役に否定的だった。そんな中、19日は都内で行われた東京五輪関連のイベントにゲスト参加。来夏の世界選手権の選考会を兼ねた日本選手権出場について「3割ぐらい」と微妙な思いを口にした。

 リオ後も国内外のレースに精力的に出場し、短水路では日本記録も更新。現在も1日3~4キロを泳ぎ込んでいる。来年の予定は、10月下旬のW杯東京大会を終えてから年内に決める方針を示しているが、「去年はつらいのが大きかったが、今は自分が思うような結果を残せていて、楽しい、うれしいの方が大きい」と水泳の捉え方に変化も生じた。世界選手権初の表彰台と世界記録の更新はモチベーションにもなるだけに、「続けるなら覚悟を決めないといけない。(W杯後に)なるべく早く答えを出したい」と話した。男子は北島、松田の両ベテランが相次いで引退。28歳の金藤が現役を続けるなら後輩にとってもその存在は大きい。

最終更新:9月20日(火)7時2分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]