ここから本文です

日経平均終値27円安 2営業日ぶり値下がり

朝日新聞デジタル 9月20日(火)15時22分配信

 連休明け20日の東京株式市場で日経平均株価は2営業日ぶりに値下がりした。終値は前週末より27円14銭(0・16%)安い1万6492円15銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同5・47ポイント(0・42%)高い1316・97。出来高は17億9千万株。

 日本銀行の金融政策決定会合の結果が21日に発表されるのを控え、売り買いが交錯した。日銀が上場投資信託(ETF)を買い増すことへの期待感から、日経平均は一時、前週末終値を70円ほど上回ったものの、前もってリスクを避けるための売り注文も膨らんだ。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)15時22分

朝日新聞デジタル