ここから本文です

日本ハム・大谷、ベストナイン投票も“二刀流” 規定変更で同時選出可能に

デイリースポーツ 9/20(火) 17:00配信

 東京プロ野球記者会の幹事会は20日、今年2016年のベストナインの投票規定変更を決定した。投手と野手の“二刀流”でプレーする日本ハム・大谷翔平投手(22)の活躍などもあり、ベストナインでも同一選手を投手と野手で同時選出できる“二刀流投票”が可能となる。

 ベストナインは、5年以上のプロ野球取材経験のある記者らによる投票で決定される。旧規定では2つのポジションにおいて同じ選手を重複記入した際、またベストDHも同様に、ベストナインと重複記入があれば無効票とされていた。

 新規定ではベストナインでは投手と野手、ベストDHでも投手とDHの重複記入が可能となった。これにより、“二刀流”の大谷が投手と、野手またはDHの両方でベストナインに選ばれることが可能となった。

 今季の大谷は20日現在、投手で19試合登板、8勝4敗、防御率2・12。野手で打率・318、22本塁打65打点の成績を残している。

最終更新:9/20(火) 17:14

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。