ここから本文です

アニメ「有頂天家族」がBlu-ray BOX化。第2期の制作も決定

Impress Watch 9月20日(火)13時27分配信

 第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で優秀賞を受賞したアニメ「有頂天家族」がBlu-ray BOX化。2017年3月24日に18,000円で発売される。品番はBCXA-1220。発売・販売元はバンダイビジュアル。さらに、同作品の2期「有頂天家族2」の制作も決定した。

 2013年に放映された「有頂天家族」は、森見登美彦の小説を原作としたアニメ。京都を舞台にタヌキの一家が繰り広げる、波瀾万丈で家族愛あふれる物語を、美しい映像で表現。高い評価を受け、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門にて優秀賞を受賞した。

 Blu-ray BOXは片面2層ディスク3枚組で、全13話を収録。映像は16:9/1080pで、音声はリニアPCMステレオ。映像特典として、新たに第1期のPVを収録するほか、2期の予告映像も収めている。

 また、全話のスタッフコメンタリーや、一部エピソードのキャストによるコメンタリーも再録。ブックレットも同梱。BOXのイラストは描き下ろしとなる。Amazon.co.jpやアニメイトなど一部販売店限定の特典も用意される。

■「有頂天家族2」の制作も決定

 同じく、森見登美彦著「有頂天家族二代目の帰朝」を原作とした、アニメ第2期の制作も決定した。

 主要スタッフは前作から引き続き、キャラクター原案を久米田康治、監督を吉原正行、音楽制作をランティスが担当。アニメ制作はP.A.WORKSで、同社にとって初の続編制作となる。

 主要キャストも前作を引き継いでおり、主人公の三男・下鴨矢三郎を櫻井孝宏、長男・下鴨矢一郎を諏訪部順一、次男・下鴨矢二郎を吉野裕行、四男・下鴨矢四郎役を中原麻衣、妖艶な美女・弁天を能登麻美子が演じる。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:9月20日(火)13時27分

Impress Watch