ここから本文です

「とと姉ちゃん」叔父鉄郎も結婚していた21・6%

日刊スポーツ 9月20日(火)10時39分配信

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合午前8時)の16日の平均視聴率が21・6%(関東地区)だったことが20日、ビデオリサーチの調べで分かった。

【写真】山崎賢人「好きな人がいること」最終回は8・4%

 これまでの最高は8月17日で常子(高畑充希)が、かつて帝大生で常子にプロポーズした星野武蔵(坂口健太郎)と再会してしまうというドラマチックな展開。25・9%を記録した。最低は8月6日で、放送時間が変わったため、18%だった。

 16日の回は、キッチン森田屋のコックの南大昭(上杉柊平)は美子(杉咲花)に「おれのおみおつけを作ってくれるか」とプロポーズする。2人は結婚することになった。

 小橋家に鞠子(相楽樹)夫婦も集まって、南と美子の結婚祝いをしようとしていた。

 そこに突然訪ねてきた男がいた。叔父の鉄郎(向井理)だった。鉄郎は新潟の魚沼で農業をやっていた。農家の娘と結婚していたのだ。

 常子は、子供のころに決めた「鞠子と美子を嫁に出す」という願いをかなえた、という回だった。

最終更新:9月20日(火)11時31分

日刊スポーツ