ここから本文です

京都のぬいぐるみ旅行代行サービス 「おもてなし」に磨き /京都

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)18時10分配信

 京都を中心にぬいぐるみの旅行代行サービスを提供する「けろけろトラベル京都」(京都市左京区吉田二本松町)が現在、10月に開催する清水寺コースの参加者を募集している。(烏丸経済新聞)

旅の思い出のフォトブック

 仕事が忙しくて京都に行けない、大好きなぬいぐるみが旅行している姿を見て元気になりたい、などの人に代わり、ぬいぐるみの「旅行」をサポートする同サービス。昨年6月の立ち上げ以降、月に1回開催。ウェブサイトとSNSで告知したところ、6組がサービスを利用した。

 代表の藤田純也さんは、趣味で旅行先にぬいぐるみを連れて行ったり、SNSにぬいぐるみの写真をアップしたりする「ぬい撮り」などの楽しみ方をしていたところ、関東を中心に同様のサービスを提供する「Unagi Travel」を知ったことをきっかけに、撮影を担当する片岡伸一さんと共にサービスを立ち上げた。

 清水寺(3,600円)、伏見稲荷(3,700円)、嵐山(3,800円)などのツアーのほか、依頼者の要望に応えるフリープランも用意。あらかじめぬいぐるみの性格や旅行の目的、意気込みなどを聞き、それに合わせツアーを組む。旅行が終わると約100枚の写真を収録したCD-Rと32ページのフォトブック(現在は無料)を届ける。

 ぬいぐるみが到着するとガイドの「ケロちゃん」らが歓迎会を開くのが恒例となっているほか、公園や鴨川、時期が合えば祇園祭などの行事にも出掛けるなど、依頼者とぬいぐるみに喜んでもらえるよう「おもてなし」にも力を入れる。こうした様子はリアルタイムでSNSにアップ。依頼者が安心できるように心がけているという。

 「記念撮影をはじめ、目的地に到着してはしゃいだり、音や香り、味を楽しんだりする様子が伝わるショットになるよう気をつけている」と撮影を担当する片岡さん。

 藤田さんは「ありがたいことにサービスを利用した方に、他のツアーの写真をリツイートしていただくなど応援していただいている。引きこもりがちな子どもに外出の楽しみを伝えたいといった要望にも応えられるようになれば」と意気込む。

 ツアー申し込みはホームページから受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)18時10分

みんなの経済新聞ネットワーク