ここから本文です

ネスレ日本、脳トレ事業を全国に拡大 認知症対策など健康寿命維持へ

産経新聞 9月20日(火)7時55分配信

 ネスレ日本(神戸市)は、高齢者の“脳の健康”維持に向けた事業を強化している。当初、北海道限定で始めた有料の会員制サービス「ネスレ ウェルネスクラブ」を全国に拡大。専用のソフトを使いパソコンなどでできる「脳エクササイズ」により、認知症予防など健康寿命の維持につなげる考えだ。

 「脳エクササイズ」では、米ポジット・サイエンス(カリフォルニア州)が開発した脳トレソフト「ブレインHQ」の日本語版を使用する。

 画面に現れる対象物の位置や動きを記憶するなど楽しみながら、脳の健康を維持できるという。

 少子高齢化で国内の食品市場が縮小することを視野に、ネスレ日本は高齢者を対象とした新ビジネスで収益拡大を図る。ウェルネスクラブでは「食」「運動」「脳」に関わるサービスを提供し、全国でイベントを開くなど会員数拡大を図っている。

最終更新:9月20日(火)8時14分

産経新聞