ここから本文です

【マスターズ水泳】辻さん93回目の日本新

スポーツ報知 9月20日(火)16時56分配信

◆2016スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会(19日・大阪プール)

 健康とスポーツの祭典「2016スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会」が19日、大阪市の大阪プールで開催された。第14回大会の今年は259チーム1039人のマスターズスイマーが参加。70歳区分では女子100メートル平泳ぎで、安田伸子さん(70)=ST関西=が世界記録を更新した。70歳区分・男子100メートル平泳ぎの辻憲昭さん(70)=S・パティオ=は、通算93回目の日本新記録をマーク。男子最高齢92歳の瀧本實(みのる)さん=豊能シートス=は90歳区分の男子50メートル自由形を泳ぎ切り、大会を盛り上げた。

 日本記録を更新した辻さんは、堂々と観客席へ手を振った。従来の記録より0秒34速い1分26秒07の快泳。「何とか超えたね。まあ、良しとしましょうか」。93回目(うちリレー24回)の日本記録更新をさらりと振り返った。

 18歳から6年連続で日本選手権に出場。その熱い魂は、半世紀が過ぎても冷めることはない。リオパラリンピックで銀2つ、銅2つのメダルを獲得した木村敬一(26)=東京ガス=らの活躍をテレビ観戦。「勇気付けられた。みなさんの努力は並大抵のものじゃないでしょ。私なんかは、まだまだ甘い」。孫ほど年齢の離れたスイマーの戦う姿に、70歳のハートは熱く燃えた。

 一日3度の食事は質、量ともに大事にする。「好きなものをたくさん食べるので、こんなもんですよ」と笑ってさする腹はたくましい。「水泳とともに人生を送りたい」という思いは、どこまでも続くはずだ。

【関連記事】

最終更新:9月20日(火)16時56分

スポーツ報知