ここから本文です

とと姉ちゃん、べっぴんさんにバトン NHK朝ドラ

朝日新聞デジタル 9月20日(火)17時26分配信

 「とと姉ちゃん」から「べっぴんさん」へ。NHKの連続テレビ小説の主役のバトンタッチセレモニーが20日、大阪市のNHK大阪放送局であった。

 リオ五輪のリレーの盛り上がりにあやかり、恒例のセレモニーに今回「朝ドラバトン」が初めて登場。10月1日に最終回を迎える「とと姉ちゃん」小橋常子役の高畑充希(みつき)さんが、その2日後に始まる「べっぴんさん」で坂東すみれを演じる芳根京子さんに、銀色のビーズで彩られたバトンを手渡した。

 高畑さんは「ヒロインは大変だから、抱えきれないこともあると思う。周りに甘えて頼って、芳根ちゃんの魅力全開で乗り切って」と激励。芳根さんは「今日のアドバイスを頭に入れて、最後まで走りきりたい」とこたえた。プレゼントも交換し、高畑さんは万年筆を、芳根さんは高畑さんの名前の刺繡(ししゅう)入りの台本カバーを贈った。カバーは「べっぴんさん」の撮影に協力している職人が手作りしたという。

 「べっぴんさん」は神戸の子ども服メーカー「ファミリア」創業者、坂野惇子さんがモデルの物語。(尾崎千裕)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)19時1分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。