ここから本文です

【マスターズ水泳】男子最高齢、92歳瀧本さん力出し切った

スポーツ報知 9月20日(火)16時48分配信

◆2016スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会(19日・大阪プール)

 健康とスポーツの祭典「2016スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会」が19日、大阪市の大阪プールで開催された。第14回大会の今年は259チーム1039人のマスターズスイマーが参加。70歳区分では女子100メートル平泳ぎで、安田伸子さん(70)=ST関西=が世界記録を更新した。70歳区分・男子100メートル平泳ぎの辻憲昭さん(70)=S・パティオ=は、通算93回目の日本新記録をマーク。男子最高齢92歳の瀧本實(みのる)さん=豊能シートス=は90歳区分の男子50メートル自由形を泳ぎ切り、大会を盛り上げた。

 男子最高齢の92歳が、懸命に水をかいた。大正13年(1924年)生まれの瀧本さんは、1分27秒96で50メートルを泳ぎ切った。息も絶え絶えに手すりにつかまり、プールから上がると「もう限界です…」とどうにか声を振り絞った。

 戦時中、海軍のパイロットだった瀧本さんは、1944年10月の台湾沖航空戦に出撃。米軍と戦い「撃墜されたけど、奇跡的に助けられた」と命からがら生き延びた。この経験があるから、切に思う。「健康でいられたらそれでいい」。現在は毎日のようにプールに通い、一日500メートルを泳ぎ元気で居続けている。

 「この前、免許の更新の時に(自動車教習所で)『いつ免許返すねん』と言われた。でも、車も乗りたいし、水泳もやりたい」。残り2年で車検が切れるまでは運転したいという。「プールで友達がいっぱいできる。元気の秘訣(ひけつ)は水泳です!」。92歳スイマーは、いつまでも意欲旺盛だ。

【関連記事】

最終更新:9月20日(火)16時51分

スポーツ報知