ここから本文です

東京ゲームショウ2016、総来場者数は過去最多27万人

ITmedia ニュース 9月20日(火)18時29分配信

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」(千葉・幕張メッセ)が9月18日に閉幕。15日間からの4日間で、総来場者数は過去最多の27万1224人を記録した。

【日別の来場者数をみる】

●「東京ゲームショウ2016」の記事はこちら

・VR(仮想現実)から本物のコンパニオンまで――写真で見る「東京ゲームショウ2016」
・女子高生AI“りんな”の新ワザ「ファッションチェック」 ラップも披露
・異色の“Suica連携ゲーム”「めがみめぐり」開発秘話、カプコンに聞く きっかけは「交通費精算」
・「自分の視界が他人に見られている」――奇妙な「視点交錯おにごっこ」で見えるものは?
・女の子の胸をもむ……ただしVR空間で アンドロイド「アイラ」といちゃいちゃ
・戦艦「大和」に乗って砲撃できる ウォーゲーミングジャパンのVRフォトブースに行ってみた
・「脳波VR」現る VR映像と脳波測定で“好みの女性タイプ”を分析

 今年は「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」をテーマに、VR関連の製品・タイトルの出展に注目が集まった。10月に発売予定のVR HMD(仮想現実ヘッドマウントディスプレイ)「PlayStation VR」のブースでは、3D空間で女の子のキャラクター「宮本ひかり」と触れ合える「サマーレッスン」などを一足先に試遊しようと、多くのユーザーが詰め掛けていた。

 日別の来場者数は、1日目が3万1399人、2日目が3万3634人、3日目が9万8074人、4日目が10万8117人だった(1、2日目はビジネスデイ、3、4日目は一般公開日)。次回の東京ゲームショウは、17年9月21~24日に幕張メッセで開催する予定。

最終更新:9月20日(火)18時29分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]