ここから本文です

<台風16号>関東甲信、激しい雨や竜巻なども注意

毎日新聞 9月20日(火)16時58分配信

 台風16号は20日午後4時現在、津市付近を時速50キロメートルの速さで東北東へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートルで、20日夜から21日未明にかけて関東甲信地方に最も接近し、21日午前9時ごろまでに温帯低気圧に変わる見込みだ。

【台風は今どこ?】現在地と予想進路

 気象庁では、これまでの雨で地盤が緩んでいることから土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に注意が必要だとしている。

 21日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で▽伊豆諸島150ミリ▽関東甲信地方100ミリ。雷を伴い局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所もあるという。落雷や竜巻などの激しい突風への警戒も呼びかけている。【デジタル編集部】

最終更新:9月20日(火)19時9分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。