ここから本文です

<安倍首相>TPP、議論は平行線か クリントン氏会談

毎日新聞 9月20日(火)17時21分配信

 ◇野上官房副長官「双方が周知の基本的立場を述べ合った」

 【ニューヨーク高本耕太】安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日午前)、米大統領選民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官とニューヨーク市内で会談した。首相は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の早期の国会承認を目指す考えを伝えたが、議論は平行線となった模様だ。一方、両氏は日米同盟の重要性については一致した。

 クリントン氏は大統領選でTPPに慎重な姿勢を打ち出している。野上浩太郎官房副長官は会談後、TPPについて「双方が周知の基本的立場を述べ合った」と記者団に説明。クリントン氏は承認に後ろ向きな姿勢を示したとみられる。

 一方、首相は会談で「アジア太平洋地域の安全保障環境が厳しさを増す中、日米同盟の重要性はさらに高まっている」と述べ、クリントン氏も「アジアだけでなく世界の平和と繁栄を実現するため必要だ」と応じた。両氏は核実験と弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮や、海洋進出を強める中国の問題でも意見交換した。

 会談はクリントン氏の陣容が要請した。日米同盟重視の姿勢を示すことで、日米安全保障体制の再検討を繰り返し表明している共和党候補のドナルド・トランプ氏との違いを鮮明にする狙いがあるとみられる。

最終更新:9月20日(火)17時39分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。