ここから本文です

「ゼロベースで地震対策を」 朴大統領が指示

聯合ニュース 9/20(火) 21:02配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は20日、相次いだ地震で被災した南東部の慶州市を訪問し、同市の「特別災害地域」指定を検討するよう指示した。

 慶州市では12日、韓国の観測史上最大規模となるマグニチュード(M)5.8と5.1の地震が相次いで発生。同市などによると、地震により48人が負傷し、建物の破損など4438件の被害届があった。19日にはM4.5の余震が起きた。地震発生後、朴大統領が地震の現場を訪れるのは初めて。

 特別災害地域に指定された場合、地方自治体が負担する復旧費用の負担が軽減され、被災者は各種の税金や公共料金の減免措置などを受ける。

 朴大統領は「韓国も地震の安全地域ではないことが確認されたため、行政力を総動員し、ゼロベースで地震対策をしっかりつくり、迅速に実行しなければならない」と強調した。また、「今回を機に、地震以外の災害についても現場での対応など、詳細なマニュアルを作成する必要がある」と述べた。

 朴大統領は12日の地震で手動停止した月城原発も視察し、「耐震設計により大きな事故はなかったが、今後、それ以上の規模の地震があった際の対応も国家的な課題」と述べ、原発の安全対策を再点検するよう指示した。

最終更新:9/20(火) 21:19

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。