ここから本文です

ラオックス、中国旅行サイトと連携 爆買い狙いから転換

朝日新聞デジタル 9月20日(火)18時30分配信

 訪日客の「爆買い」が減速するなか、免税店大手のラオックスは20日、個人客の利用が多い中国の大手旅行サイトC(シー)trip(トリップ)と連携し、訪日外国人向けの新サービスを始めると発表した。団体ツアー客向けが主流だった店づくりから転換し、業績の回復を目指す。

 Ctripは航空券やホテルを予約できる中国最大手の旅行サイトで、個人客の利用が多い。ラオックスの本店(東京・新宿)にCtripの会員専用のカウンターを設け、無料で手荷物を預かったり、ホテルや自宅に荷物を配達したりする。訪日客はスマートフォンなどを使って会員であることを示せばサービスが利用できる。ラオックスは今後、サービスを全国の店舗に広げていくという。

 訪日客の爆買いは、リピーターの増加や、飲食や観光などへの関心の高まりで一段落している。ラオックスの売上高も2月以降は前年割れが続き、6月は前年比49%減だった。(栗林史子)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)20時26分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]