ここから本文です

「日本は孤立化招いた」、中国が南シナ海問題でけん制

ロイター 9月20日(火)15時33分配信

[北京 19日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道局長は19日の定例会見で、稲田朋美防衛相が先週、海上自衛隊と米海軍の共同巡航訓練を行うことなどで南シナ海への関与を強化する方針を示したことについて、日本は南シナ海情勢を「混乱させようとしている」と批判した。

中国はこれまでもたびたび、南シナ海問題に干渉しているとして米国や日本を非難している。

同報道局長は、この問題をめぐっては、直接関係している国々の対話を通じて解決すべきで、中国と東南アジア諸国が協力して地域の平和と安定を維持するべきとの点で、周辺地域の国々の意見が一致していると指摘。

さらに「国際社会のために行動しているふりをしながら、南シナ海情勢を混乱させようとした日本が招いたその無秩序な結果を見るといい」と述べた。

日本の行動は他国からの孤立を招き、自国の観点を関係国に押し付けようとして失敗したと指摘した。

同報道局長は「自国の主権と海洋権益を守ろうとする中国の決意は断固たるものだ」とあらためて強調した。

最終更新:9月20日(火)15時33分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。