ここから本文です

小川流煎茶6代目家元の小川後楽氏死去

時事通信 9月20日(火)12時35分配信

 小川 後楽氏(おがわ・こうらく、本名忠男=ただお、京都造形芸術大教授・煎茶道、小川流煎茶6代目家元)19日午後2時52分、肺がんのため京都市の病院で死去、76歳。

 京都市出身。葬儀は近親者のみで行い、後日しのぶ会を開く。喪主は長男可楽(からく、本名雅士=まさし)氏。 

最終更新:9月20日(火)12時35分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。