ここから本文です

TBS「渡る世間は鬼ばかり」特番ドラマ好調13%

日刊スポーツ 9月20日(火)11時47分配信

 18日と19日の2夜連続で放送されたTBS系スペシャルドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(いずれも午後9時)の平均視聴率が18日が12・6%、19日が13・0%(いずれも関東地区)と好調だったことが20日、ビデオリサーチの調べでわかった。

【写真】NHK「真田丸」家康が命じる生き地獄17・3%

 今回の作品は舞台となる中華料理店「幸楽」の改装工事をめぐり、もめる家族の姿や、家族の中での孤独などを描いた。

 放送前のイベントに出演した際に、脚本家の橋田寿賀子さん(91)は「90歳になったら1行も書かない人生をと思っていましたが、書いてみたら今の社会が抱える問題が書ける。視聴率が良ければまた書かせてもらえる」と意欲を示していた。また、石井ふく子プロデューサー(90)は「人は目的があって生活するのと、無くて生活するのはえらい違い。私は仕事には終わりがないという気持ちでやっています。いくつになってもできる限り仕事を続けていきたい」と話しており、まだまだ、楽しみなドラマが続きそうだ。

最終更新:9月20日(火)13時32分

日刊スポーツ