ここから本文です

仏大統領選候補、現政権の17年財政目標尊重すべき=中銀総裁

ロイター 9月20日(火)17時18分配信

[パリ 20日 ロイター] - フランス銀行(中央銀行)のビルロワドガロー総裁は20日、仏大統領選の候補者らに対し、2017年の財政赤字を対国内総生産(GDP)比で欧州連合(EU)が定める3%未満に抑えるという現政権の計画を尊重するよう求めた。

保守派の有力候補者らはこの目標が達成できないとの見通しを示している。

同総裁は、ラジオ局のヨーロッパ1に対し「われわれの欧州パートナーはすべて、フランスの17年財政赤字が対GDP比3%未満になると見込んでいる」と指摘。3%未満を達成することが欧州でフランスが信頼性と影響力を確保する主な条件になるとの見解を示した。

フランス政府は20日、今月末の17年予算案発表に向け、最新の経済・財政見通しを示す。

現政権は現在、財政赤字のGDP比率を17年に2.7%まで低下させる目標を掲げている。

最終更新:9月20日(火)17時18分

ロイター