ここから本文です

富士フイルム、中判ミラーレスシステム「GFX」を発表 第1弾「GFX 50S」は1kgを切るボディで登場

ITmedia LifeStyle 9月20日(火)21時12分配信

 富士フイルムが9月20日、中判サイズ(43.8×32.9mm)の大型イメージセンサー「FUJIFILM Gフォーマット」を採用したミラーレスデジタルカメラシステム「GFX」を発表した。大型のイメージセンサーに対応した「Gマウント」を新たに開発し、高画素のセンサーに対応する大口径レンズ群「フジノン GFレンズ」をラインアップして、「富士フイルム史上最高画質」をうたう。

EVFは着脱式

 システムの第1弾となる製品は、有効約5140万画素のFUJIFILM GフォーマットのCMOSイメージセンサーを搭載した「GFX 50S」。発売は2017年春の予定だ。FUJIFILM Gフォーマットは、35mmフルサイズのイメージセンサーの約1.7倍の面積を持ち、高い解像度で、質感や立体感、空気感を捉えられるという。画像処理エンジンにはX-Processor Proを採用。富士フイルム独自の色再現技術などはFUJIFILM Xシリーズのものを継承する。センサーのアスペクト比は4:3で、必要に応じて3:2や1:1、4:5、6:7、6:17など、大判や中判のフィルムで使われていたアスペクト比にも対応できる。

 ボディはミラーレスシステムならではのコンパクトさで、1kgを切る軽量ボディーになる予定。またFUJIFILM Xシリーズで好評の、操作性を重視したダイヤルやボタンを搭載する。グリップ形状も、さまざまな撮影シーンを想定して最適化したという。EVF(電子ビューファインダー)は着脱式で、外部モニターを使用する場合や、軽量化したい場合などには取り外しできる。

 EVFを自由な角度に固定できるアダプターや、縦位置での撮影を快適にする「縦位置バッテリーグリップ」などのアクセサリー類も準備している。PCと接続したリモート撮影や、RAW現像ソフトにも対応予定だ。

 また、新たに6本のフジノン GFレンズを順次リリースする。Gマウントに対応したGFレンズは、ミラーレスシステム専用のレンズとして設計されており、バックフォーカスが短いのが特徴。またXFレンズでも好評の絞りリングを搭載している。絞りリングには新たに「C」ポジションを設け、コマンドダイヤルでの絞り調整も可能だ。6本のレンズはすべて防塵・防滴・耐低温構造で、過酷な環境での撮影にも対応できる。

 なお、2017年春の時点では、レンズは標準単焦点レンズ「GF63mmF2.8 R WR」(50mm相当)、広角標準ズームレンズ「GF32-64mmF4 R LM WR」(25~51mm相当)、中望遠ハーフマクロレンズ「GF120mmF4 Macro R LM OIS WR」(95mm相当)の3本が発売予定で、残り3本は順次登場予定となっている。

最終更新:9月20日(火)21時12分

ITmedia LifeStyle