ここから本文です

上島竜兵、定番のキス坂上忍に拒否られ絶叫 「台本通りやれよ!」

デイリースポーツ 9月20日(火)18時56分配信

 俳優の坂上忍が20日、都内の劇場で行われた声優を務めた映画「アングリーバード」のスペシャルプレビューに出席した。作品が飛べない鳥たちの物語という点にちなんでダチョウ倶楽部の3人も飛び入り出演。上島竜兵は定番の“けんかから仲直りのキス”を坂上に対して仕掛けたが、アドリブで返され立ち往生した。

 ダチョウ倶楽部の3人は映画の声優を担当していない。主人公のレッドが“怒りん坊”であるというキャラづけがされているため、上島は「怒りん坊っていったら俺だろうがあ」と坂上に詰め寄った。坂上も「怒りん坊って言ったら僕じゃないですか」と応戦し、顔を近づける。このまま唇を重ねるか…と見せかけて、急に坂上は距離を取ってしまった。

 これに上島はパニック状態。「あうっ!キスだろう!ばか野郎!アドリブに弱いんだ!台本通りやれよ」と絶叫して劇場内の観衆を笑わせた。渋々、坂上はキスに応じて「竜兵さんの唇って柔らかいですね」。上島も「この日のためにリップ塗って整えましたから」と得意顔だった。

 イベント後も坂上から「いつも不思議なのが、竜兵さんがだれよりも真剣に台本をずっと読んでいる。あれってただのフリですよね」といじられた上島。「結構覚えているんですよ。段取り組まないとね」と真剣に語りつつ、最終的に“お約束”に協力してくれた坂上に「ちゃんとやってもらえて良かった」と感謝していた。

最終更新:9月20日(火)19時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。