ここから本文です

大雄山線で「なつかしの車両」運行へ 「赤電」カラーに塗り替え /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)23時59分配信

 伊豆箱根鉄道が運営する大雄山線(小田原駅~大雄山駅)が10月1日、ベージュと朱色を基調にしたなつかしの「赤電」カラーに塗り替えた復刻バージョン車両のを行を始める。(小田原箱根経済新聞)

活躍した赤電と新型車両(1996年当時)

 昨年から続く、大雄山線開業90周年記念事業の一環。青と白を基調とした大雄山線5000系の1編成(5501編成)を、5000系が導入される以前に活躍していたベージュと朱色を基調とした「赤電」カラーに塗り替えた。

 10月1日は9時30分から、大雄山駅で出発式を行う。伊豆箱根鉄道名誉宣伝部長のDJ・HAGGYさんが司会を担当する。大雄山線管区長が「オールドカラー復刻バージョン」車両に出発合図を送り初運行する予定。出発予定時刻は10時2分。

 大雄山線は、最乗寺の参詣客の利便性を図ることを目的に、1925(大正14)年10月15日に運行を開始。これまで多くの観光客や参拝者を運んできた。同社は90周年を記念し、記念式典催行、記念乗車券発売、ラッピング電車運行などを展開。今回が最終企画となる。

 同社では同日、復刻カラー車両運行に伴い記念乗車券・入場券セットの販売を行う。小田原駅~大雄山駅往復と小田原駅・大雄山駅入場券をセットにした記念乗車券で、出発式直後から大雄山駅特設ブースで発売する。価格は1,100円。数量500セット限定。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)23時59分

みんなの経済新聞ネットワーク