ここから本文です

劇団・ヨーロッパ企画の紙人形劇「タクシードライバー祗園太郎」映画版が11月公開

映画ナタリー 9月20日(火)19時2分配信

劇団・ヨーロッパ企画制作の「タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ」が、11月26日より東京・UPLINKにて上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、2011年から2014年にNHKで全43話が放送された各5分のミニドラマを映画化したもの。京都の実写を背景に、割り箸付きの紙人形“ペープサート”を動かす形式で作られている。

映画版では、タクシードライバーの祗園太郎が、祇園で製作される映画のヒロイン役女優と出会うことから物語が展開する。永野宗典が脚本・編集・監督を担当し、祗園太郎には本多力が声を当てた。

なお現在、作品の公式サイトにて前売り券を販売中。

最終更新:9月20日(火)19時2分

映画ナタリー