ここから本文です

飲酒運転で逆走の米兵に有罪判決 那覇地裁

朝日新聞デジタル 9月20日(火)19時25分配信

 飲酒運転で沖縄県嘉手納町の国道を逆走して男女3人にけがをさせたとして、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた米軍嘉手納基地所属の海軍2等兵曹エイミ・メヒア被告(21)に対し、那覇地裁は20日、懲役3年執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 長橋正憲裁判官は「酩酊(めいてい)状態でありながら、安易に運転したことに酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると、メヒア被告は6月4日午後11時40分ごろ、飲酒によって運転が困難な状態で乗用車を走らせ、交差点を右折する際、対向車線に入り、軽乗用車2台と衝突。乗っていた男女3人に肋骨(ろっこつ)骨折などの重軽傷を負わせた。

 在沖米軍は事件当時、元海兵隊員で米軍属の男が、女性遺体遺棄事件で逮捕されたことを受け、全軍人・軍属とその家族に基地外での飲酒を禁止していた。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)20時3分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。