ここから本文です

【DeNA】番長「勝てなくなったら辞めると決めていた」一問一答(1)

スポーツ報知 9月20日(火)17時34分配信

 今季限りで現役を引退することになった球界最年長42歳のDeNA・三浦大輔投手20日、横浜市内のホテルで会見した。

 ◆「ハマの番長」に聞く(1)

 ―引退を決意した今の気持ちは―

 「いろいろ考えて考えて決断してからも中々伝えられてなかったので、こういう場で伝えられて、ちょっとスッキリしました」

 ―決断した理由は―

 「勝てなくなったからです。引退という気持ちは数年前から頭にはありましたけど、まだできる、もっともっと勝ちたいという気持ちもあって。先発ができなくなったら、勝てなくなったら辞めると決めてましたので、今年の8月まで勝てず、その時にはもう気持ち固まってました。ただ、もう一度勝負したいという気持ちもずっとあったので、9月の頭に甲子園での先発を言われて、それまでは球団に(決意を)伝えないでおこうと思いました。余計な感情抜きに真剣に勝負がしたいと思った。その時点では勝とうが負けようが今シーズン限りで辞めようという気持ちはあったけど、言いたいけど言えないモヤモヤはありました」

 ―相談はした?

 「家族には話しましたし、最終的には自分で決めました」

 ―奥様の反応は

 「残念がってましたね。女房もそうだけど、子供たちも。まだできるという気持ちもあったけど、プロの世界は厳しいですから、やり残したことやろうという気持ちで。この間の甲子園も(家族が)見に来てきれましたし、その前で投げれたのは良かったなと」

 ―チームメイトには

 「きのうの試合後に伝えました。決めていたので。会見前にみんなに言いたかったので、クライマックスが決まってホッとしましたし。決まった後の喜んでいるロッカーでこういう報告もどうかなと思ったけど、伝えられて良かったです」

 ―どんな言葉をかけられた?

 「正直、ぼくも途中から何を言っているかわからなくなって。本当ですか? 辞めないで下さいって、今日も練習の時、後輩から言われました。それはうれしかったですけどね」

 ―25年続けられたのは何が支えに?

 「まさか、プロ入った時、25年もやると思ってなかった。本当に1年1年勝負と思ってやってきましたし、打たれたら悔しい、もう負けたくないという気持ちがあったから、苦しい練習もできましたし、試合で勝った時にたくさんのファンの方が喜んでくれた。あれが一番うれしかったですね。あそこでもう一度、一緒に喜びたいと思ってやってきた25年でした」

 ―一番の思い出は?

「98年の優勝した時が一番うれしかったですね。優勝って、これだけうれしいものか、全てが報われたというか。1年間のしんどいことが報われた。98年の優勝はそれだけうれしかったですね」

 ―今のチームをどう思う?

 「98年は98年の良さあった。今年は自分の立ち位置も違いますが、苦しい時があったからこそ、今のベイスターズを見ていると、いいチームになってきたなとうれしいですね。昨日の横浜―広島戦で、前はあれだけのお客さんが入ってなかったですし。満員の中でプレーできているっていうのは、プロ野球選手として最高のことだと思います。何年か前はガラガラで苦しい時期もありましたけど」

 ―FAでもチームに残った―

 「FAで残って、横浜いいチームになったなと。あの時も思って。小さな力でしたけど、横浜がどんどん変わっていくの見て、本当にうれしく思ってます」

 ―FAの時、阪神に行く可能性もあった―

 「悩んで悩んで、いろんな方にご迷惑おかけしましたけど、(2012年に)150勝した時にも言いましたけど、横浜に残って良かったなと。たくさんのファンが喜んでくれる。たくさんのファンが支えてくれた。本当に三浦大輔は幸せものだと思います」

 ―172勝の中で一番印象に残る勝ち星は?

 「どれもうれしいですけど、150勝の時、ファンの方が喜んでくれるの見て、ぼくもうれしかった。一番印象に残っているかな」

 ―また、最終戦でさよならマウンドへ。どんな気持ちで上る?

 「勝ちたいです。それだけです」

 ―今後の人生プランは?

 「特に決めてません。現役は卒業しますけど、野球は卒業しないので、ず~っと野球に関わっていきたい」

 ―どんな野球人生だった?

 「高校卒業して6位で大洋ホエールズに入って。とびきり速い球もなく、すごい変化球があるわけでもなく、良くやってこれたなと。球が速くなくてもプロ野球選手できるのを見せたかったし。負けの方が多かったですけど、周りの方に支えられてここまでずっと突っ走ってこれたなと感謝の気持ちでいっぱいです」

 ―リーゼントは今後も?

 「卒業しません。このままです。できる限りやり続けたい」

最終更新:9月20日(火)22時27分

スポーツ報知