ここから本文です

アフガン選手が失格=パラ・ドーピング〔パラリンピック〕

時事通信 9月20日(火)14時7分配信

 国際パラリンピック委員会(IPC)は19日、リオデジャネイロ・パラリンピックの陸上男子やり投げ(切断など)で16位だったモハマド・ナイエム・デュラニ(アフガニスタン)が、ドーピング違反で失格になったと発表した。記録は抹消。競技前の検査で筋肉増強作用のある禁止薬物に陽性反応を示し、4年間の資格停止処分を受けた。 

最終更新:9月20日(火)14時10分

時事通信