ここから本文です

東岡崎にダイニングバー「ノーブルドア」 上六名から移転、客層に変化 /愛知

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)0時0分配信

東岡崎にダイニングバー「Noble Dor.(ノーブルドア)」(岡崎市明大寺町本町)が移転リニューアルオープンして1カ月が過ぎた。(岡崎経済新聞)

岡崎市上六名から移転した同店。以前構えていた店舗の老朽化と、東岡崎近くに店舗の空きができたタイミングをきっかけに移転を決めた。席数は、テーブル席とカウンター席を合わせ48席。「移転前の木造建築で暗めの雰囲気から、モダンシックな雰囲気になった」とバーテンダーの山田裕起さん。「席数をあまり多くせず、空間を最大限に使った長居しやすい空間にこだわっている」とも。

メニューは、スパニッシュ料理やイタリアン料理をメインに100種類以上の料理と150種類以上のドリンクを提供している

移転後は、仕事後の若いサラリーマンや40~50代が来店し客層にも変化があるという。
「あまりかしこまらない雰囲気づくりをしている。老若男女関係なく足を運んでいただければ」とも。

営業時間は17時~翌1時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)0時0分

みんなの経済新聞ネットワーク