ここから本文です

スマホせず運転、一定距離でコーヒー提供 愛知県内限定

朝日新聞デジタル 9月20日(火)20時11分配信

 KDDI、コメダ、トヨタ自動車の3社が、「ながらスマホ」による自動車事故を防ごうと、タッグを組んだ。20日、スマートフォンを使わずに運転した距離を測れるアプリを活用し、一定の距離になるとドライバーがコーヒーのクーポンをもらえる取り組みを愛知県内で期間限定で始めた。

 使うアプリはKDDIが開発した「Driving BARISTA」。アプリ配信サイトから取得できる。アプリを起動したスマホを伏せて置いておけば、スマホを使わずに走った距離(時速10~80キロが対象)が自動で計測される。

 10月6日までに県内で走った分が対象。距離が100キロ(2回目以降は200キロ)に達すると、コメダ珈琲(コーヒー)店で使えるクーポンがもらえる。愛知県では昨年、運転中に携帯電話を使ったとして警察に検挙された数は5万件を超えた。

 コメダの駒場(こまんば)雅志専務は「今回うまくいけば、プロジェクトをさらに広げたい」と話している。(友田雄大)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)20時11分

朝日新聞デジタル