ここから本文です

宇良「封筒は取っておく」 中入り後に勝ち初の懸賞

朝日新聞デジタル 9月20日(火)20時23分配信

(20日、大相撲秋場所10日目)

 東十両筆頭の宇良は中入り後に登場し、西前頭13枚目の豊響を破った。両手の突きに耐えて右を差すと、「考える暇もなく、うまく体が反応した」。体を開き、肩すかしで相手を土俵下まで転がした。初めて手にした懸賞は3本。「お金は使うけど、封筒は取っておく。帰って眺めたいですね」と話した。

【写真】肩透かしで豊響(左)を破った宇良=金居達朗撮影

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)20時23分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。