ここから本文です

<東京グッドマナー>新しい形のマナー向上を目指し設立 

毎日新聞 9月20日(火)20時35分配信

 東京を舞台に新しい形のマナー向上を目指す一般社団法人「Tokyo Good Manners Project」(東京都港区)が設立され、20日に都内で記者発表会があった。

 東京を形のない美術館に見立て、良いマナーやそれに関わる人、物などを「作品」として収集する活動「TOKYO GOOD MUSEUM」などを展開する。作品はホームページや広告、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて発信する。

 活動を通じ、都民には自分たちのマナーに誇りを持ってもらい、観光で訪れる外国人らには文化としてのマナーを楽しんでもらうという。企画運営を助言する編集者の伊藤総研さんは「作品にふれてもらい、さらにマナーが良くなるような取り組みにしたい」と話した。

最終更新:9月20日(火)20時35分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。