ここから本文です

ベビメタ 東京Dでワールドツアー締めた 2日間で11万人を動員

デイリースポーツ 9月20日(火)20時57分配信

 女性3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが20日、初となる東京ドーム公演を行い、イギリス、アメリカなど世界8カ国22公演のワールドツアーを締めくくった。

 前日との2日間で11万人を動員。センターにある大型ビジョンの上下にステージを設置し、関係者によると、上にある通称・天空ステージは「10階建てのビルと同じ高さ」。大型セットを縦横無尽に駆け回り、デビュー曲「イジメ、ダメ、ゼッタイ」など12曲に超満員の観客はヘッドバンキングを連発した。

 終演後、ボーカルのSU-METAL(18)は「決まったときは実感が沸かなかったけど、みなさんの声援が聞こえたり笑顔が見えたときはうれしかったです」と振り返った。

 2010年にアイドルとメタルの融合を目指し、アイドルグループ「さくら学院」内の部活「重音部」として結成。“神バンド”と呼ばれる本格派のバックバンドが重低音を響かせ、SU-METALの抜群の歌唱力、YUIMETAL(17)とMOAMETAL(17)のキュートかつ躍動感たっぷりのダンスが人気を呼んでいる。

 海外から火がつき、12月にはロックバンド・レッドホットチリペッパーのUKツアー4都市8公演へのゲスト出演も決定。YUIMETALは「感謝の気持ちを忘れずに、これからも頑張りたいと思います」と意気込んだ。

最終更新:9月20日(火)21時5分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。