ここから本文です

押切蓮介、初原作!弟子が描く「妖怪マッサージ」がヤンチャン烈で始動

コミックナタリー 9/20(火) 20:23配信

押切蓮介原作による忌木一郎の新連載「妖怪マッサージ」が、本日9月20日発売のヤングチャンピオン烈No.10(秋田書店)でスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

押切が初の原作を担当する「妖怪マッサージ」を描くのは、彼の弟子であるという忌木。主人公の揉山圧子が働き始めた繁盛しないマッサージ店は、若い店員がすぐに辞めてしまうという。ある日その店に客としてやってきた和服の女・お六には秘密があって……。扉ページには押切による「連載前に構想していた」というカラーカットも掲載されている。

最終更新:9/20(火) 20:23

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]