ここから本文です

弘兼憲史が「社畜! 修羅コーサク」1巻に「私は許した」と寛大なコメント

コミックナタリー 9月20日(火)20時31分配信

江戸パイン「社畜! 修羅コーサク」の1巻が、本日9月20日に刊行された。

ヤングマガジン サード(講談社)で連載中の同作は、東京から修羅の国・墓多(はかた)に左遷されたサラリーマンの図画コーサクを描く社畜ギャグ。危険はびこる武辣苦(ブラック)商事で、コーサクが持ち前の社畜精神と社畜技でトラブルを乗り切っていく姿が描かれる。

否が応でも弘兼憲史の「島耕作」シリーズを想起させる「社畜! 修羅コーサク」。1巻の帯には弘兼が「私は許した。博多の皆さんも許してやってほしい」と寛大なコメントを寄稿している。

最終更新:9月20日(火)20時31分

コミックナタリー