ここから本文です

照ノ富士、自信なく4連敗 高安、自己最高位で8勝

朝日新聞デジタル 9月20日(火)21時19分配信

(20日、大相撲秋場所10日目)

 ●照ノ富士 4連敗。「押す感じで行こうと思ったんだけど……。自分の相撲がわかんなくなってきた」

【写真】稀勢の里(奥)は寄り切りで琴奨菊を破る=林紗記撮影

 ●琴奨菊 稀勢の里に3連敗。「まず立ち遅れ。コンマ何秒か遅い。悔しいから、もっと強くならないと」

 ○宇良 十両ながら中入り後に登場し初の懸賞獲得。「お金は使うけど封筒は取っておく。帰って眺めたいですね」


 ○稀勢の里 琴奨菊との61度目の対戦を制し、「日に日によくなっている。これからだと思う」。豪栄道戦を前に充実。

 ○高安 上手を取れなかったが、機を見て前に出た。「今場所は自己最高位ですから。8番勝てたのはすごくうれしい」

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)21時19分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]