ここから本文です

魚が餌に食いつく瞬間を撮影、釣り糸に取り付けるフィッシングカメラ。約8千円

Impress Watch 9月20日(火)17時6分配信

 ドスパラは、釣りの餌に魚が食いつく瞬間などが撮影できるというフィッシングカメラ「DN-914237」を20日に発売した。直販サイトの上海問屋限定販売で、価格は7,999円(税込)。

 水深50mまで対応する防水性能(IPX8)を備えたカメラ。釣り糸に取り付けられるようになっており、水中を、下向きの視点で撮影可能。カメラの先にある餌やルアーに、魚が食いつく様子や、水中、水底の状態などが撮影できるという。

 MPEG-4形式で、720/60pでの撮影が可能。500万画素のCMOSセンサーを搭載する。別売のmicroSDカードに動画を保存。32GBまでのカードが利用可能。動画には日付と時刻が表示される。充電はUSB経由で、フル充電で約3.5時間の撮影ができる。

 外形寸法は30×116mm(直径×長さ)。ラインチューブは約190mm。重量は約60.5g。充電用USBケーブルや、重り×3個、浮き、ケース、microSDスロットなどを覆うキャップの予備などを同梱する。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:9月20日(火)17時6分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]