ここから本文です

<政活費不正>今度は山形の自民県議 辞職願を提出

毎日新聞 9月20日(火)21時34分配信

 ◇記者会見で「重く受け止めている」 21日に辞職許可へ

 山形県の阿部賢一県議(64)=自民=は20日、政務活動費(政活費)を不適切に支出していた疑いがあるとして、野川政文議長に辞職願を提出した。議会内で同日、記者会見し「県民から不信を招くことがあったことを重く受け止めている」と述べた。21日の県議会定例会の本会議で辞職が許可される見通し。

 阿部氏によると、2014年4月に同県大江町で開いた県政報告会で茶菓子代と会場費として45万円を計上したが、飲食費に充てていた疑いがあるという。

 政活費の使途を定めた県議会の手引では、会議での飲食費に充てることは不可とされ、茶菓子代への支出が例外的に認められている。妻が会計処理を担当していたといい、このほか家庭用のトイレットペーパーなどを事務用品として計上した疑いなどもあるという。

 阿部氏の政活費を巡って今月、実態と異なる領収書が議会に提出されていたと一部で報じられ、18日に会見した阿部氏は飲食代などに充てた可能性があることを認め、調査する考えを示していた。

 阿部氏は1995年に初当選し、現在6期目。08年から1年間、副議長を務めた。県議は1人当たり月28万円の政活費を支給されている。【野間口陽】

最終更新:9月21日(水)8時2分

毎日新聞