ここから本文です

「文科相が説明を」=もんじゅ、西川福井知事が不快感

時事通信 9月20日(火)17時1分配信

 福井県の西川一誠知事は20日、政府が廃炉も視野に調整している高速増殖炉「もんじゅ」(同県敦賀市)について、「どのような変更であれ、もんじゅの考え方に何らかの変わりがある場合は、まず文部科学大臣が直ちに地元に説明に来る必要がある」と述べた。

 県議会本会議で答弁した。

 西川知事は松野博一文科相ら関係閣僚に対し、「政府として、高速増殖炉の今後の活用や開発について確固たる方針を持って結論を出すよう強く申し上げている」と強調。その上で「最近の動きを見ると、検討の経過などについて地元に対する説明が全くない」と不快感を示した。 

最終更新:9月20日(火)17時7分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。