ここから本文です

楠みちはるが中年GT-R乗り描く新連載「首都高SPL」、月刊ヤンマガで開幕

コミックナタリー 9/20(火) 21:27配信

「湾岸ミッドナイト」などで知られる楠みちはるの新連載「首都高SPL-銀灰のSPEED STER-」が、本日9月20日発売の月刊ヤングマガジン10月号(講談社)にてスタートした。

「首都高SPL-銀灰のSPEED STER-」の主人公は、42歳の工藤圭介。GT-R専門のカーチューニングショップの代表として、車のチューニングに人生を費やしてきた工藤は、ある日首都高を走るポルシェターボの噂を耳にして……。中年男性の胸に、忘れかけていた熱い思いが蘇るさまが描かれていく。

また今号にて島田荘司原作による赤名修「御手洗潔@星籠の海」が最終回を迎えた。単行本2巻は11月4日に発売される。

最終更新:9/20(火) 21:27

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]