ここから本文です

♪本能寺の変♪吉本と劇団そとばこまち初コラボ舞台

日刊スポーツ 9月20日(火)17時45分配信

 舞台「のぶなが」(11月11日~14日、近鉄アート館)の制作会見が20日、大阪市内で行われ、吉本新喜劇研究生の福本愛菜(23)とお笑いコンビミサイルマン岩部彰(36)らが出席した。

【写真】山田花子「出来は91点」12年ぶり“古巣”復帰

 織田信長が本能寺の変の6年前に死去し、濃姫に天下統一を託すところから始まるエンターテインメント時代劇。関西で活動する劇団そとばこまちの人気作を3年ぶりに上演する。織田信長役を岩部と劇団員田中尚樹(28)が、信長の正室濃姫役を福本と劇団員南園みちな(31)がW主演Wキャストで演じる。観劇人口の減少や観劇層の高齢化に歯止めをかけたいという劇団そとばこまちのラブコールで吉本と初コラボが実現した。

 福本が「まさかのW主演。新喜劇の経験はあるが、ちゃんとした舞台の経験はない。殺陣や発声などいっぱい吸収したい」と言うと、岩部は「損はさせまへん。本能寺の変」と韻を踏んだ歌でPRした。

 本舞台では殺陣や歌の他、ダンスも披露する。福本は「AKBのときはダンスが1番苦手だった。体重がドーンと増えているから、減量します」とダイエット宣言したが、殺陣は重心が低い方が格好良いと言われると「じゃあ、体重は現状維持で」とすぐに撤回し、笑いを誘っていた。

最終更新:9月20日(火)17時59分

日刊スポーツ