ここから本文です

バレー、18年から新リーグ構想 チームに経営自立促す

朝日新聞デジタル 9月20日(火)23時31分配信

 バレーボールのプレミアリーグなどを主催する日本バレーボールリーグ機構は20日、東京都内で記者会見し、2018年秋の開幕を目指す「スーパーリーグ」の構想を発表した。企業からの支援の受け方や地域密着が課題となっているVリーグ改革の一環で、チームの自立を段階的に求める。

 新リーグは最大で12チーム。11月末までに「参入意向表明書」を機構に提出したチームが男女それぞれ6チーム以上あった場合に発足する。

 新リーグに参加するには、チームの運営母体がバレーボール事業の法人になることや、主催試合の80%以上を収容3500人以上の体育館で開催することなどが条件となる。チーム名はホームタウンの地名に加えて、企業名も入れられる。選手はプロアマ混在で従来通り。(原田亜紀夫)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)23時31分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]