ここから本文です

【オリックス】ドラ4青山、初登板初先発は4回4失点で降板

スポーツ報知 9月20日(火)20時5分配信

◆オリックス―西武(20日・京セラドーム大阪)

 プロ初登板で初先発となったオリックスのドラフト4位・青山大紀投手(22)が、4回4失点で降板し、初勝利を逃した。初回に金子侑、秋山に立て続けに四球を与え、2死一、二塁からメヒアに左翼への3ランを浴びた。3回には秋山の二塁打から、次の浅村の中犠飛の間に、味方の失策も絡んで、さらに1点を失った。4回を投げて5つの三振を奪いながらも、序盤の失点が響いた。

 智弁学園のエースとして、2011年の夏と2012年の春に甲子園に出場。“藤浪(阪神)・大谷(日本ハム)世代”の一員として聖地を沸かせた右腕は、トヨタ自動車を経て昨秋のドラフトでオリックス入りした。2軍では18試合で3勝8敗、防御率は5・34ながらシーズン通してローテを守り抜き、回ってきた初先発の舞台だった。

最終更新:9月27日(火)2時14分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。