ここから本文です

錦織が就活生に明かした世界一流の積極思考極意

日刊スポーツ 9月20日(火)18時53分配信

 テニスで世界5位の錦織圭(26=日清食品)が先生になった。20日、都内で契約先の森永製菓主催の「inゼリー 錦織圭選手 就活生応援セミナー」に特別講師として参加。就職活動を控える学生にポジティブ思考の大切さを説いた。

【写真】松岡氏ビックリ!錦織泣いた課題に9歳大阪少年が…

 希望の会社に受かるとは限らない。不安を抱える就活生に、錦織は「落ち込まない人はこの世にいない。どうとらえるか。気持ちの持ちようで変わる」と語り始めた。過酷なプロツアー生活。世界ランク上位に入り、リオデジャネイロ五輪では日本勢96年ぶりのメダルを獲得したとはいえ、世界トップ3の壁に跳ね返されることも多い。「ぼくもつらいことだらけ」と話す。それでも「強くなりたい」との強い気持ちで、逆境を跳ね返してきている。「好きなことや、目標、夢を持てば、つらいことも乗りきれる」と続けた。

 学生と触れ合いは珍しい。「楽しかった。これから日本を背負っていく世代。エネルギーがある」と逆に刺激ももらった様子。今後は来月3日開幕の楽天オープン(東京・有明)で3度目の優勝に挑む。世界ランクのポイントを稼ぎ、11月13日から始まる年間上位8人が資格のある最終戦ATPツアー・ファイナル出場を目指す。

最終更新:9月20日(火)19時15分

日刊スポーツ