ここから本文です

「ヒロアカ」政府無認可のヒーロー描くスピンオフがジャンプGIGAで

コミックナタリー 9月20日(火)22時10分配信

堀越耕平原作、古橋秀之脚本による別天荒人「ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」が、本日9月20日発売のジャンプGIGA 2016 vol.3(集英社)にて本格始動した。

「ヴィジランテ」は政府の認可を得ずに活動するヒーローたちが織りなす、「僕のヒーローアカデミア」のスピンオフ。ジャンプGIGA 2016 vol.2にはエピソード0にあたる物語が掲載されていた。今号の第1話ではヘタレなところもありながら、自身の“個性”を使って日々人々の役に立とうとする青年・灰廻航一があるトラブルに巻き込まれる様子が描かれた。

このほか今号にはミウラタダヒロ描き下ろしによる「ゆらぎ荘の幽奈さん」のセクシーなイラストをあしらった“外で使いにくい”単行本カバーも付属。このほか附田祐斗原作による佐伯俊「食戟のソーマ」水着グラビア写真集風の袋とじ番外編も収録されている。

次号ジャンプGIGA 2016 vol.4は10月20日発売。古味直志の新作読み切りが巻頭カラーで掲載される。

最終更新:9月20日(火)22時10分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。