ここから本文です

正代、負け越しリーチから3連勝「後がないので吹っ切れているのかも」

スポーツ報知 9月20日(火)20時22分配信

◆大相撲秋場所10日目 ○正代(寄り切り)栃煌山●(20日・両国国技館)

 西前頭2枚目・正代が3勝目。3日続けて負け越しを免れた。「もう後がないので吹っ切れているのかもしれない。立ち合いが、思い切りできている」と崖っぷちでの強さを発揮して小結を撃破した。同時にもう一つ、“寝具マットレス対決”にも勝利していた。

 いまや角界でも寝具マットレスは力士に大人気。この日対戦した2人は正代が東京西川、栃煌山がエアウィーヴを愛用。どちらも甲乙つけがたい製品なのは間違いないが、正代は東京西川を選んだ。「部屋の若い力士が使っていたので選びました。CM出演? 駅で見かけるポスターはネイマールですよね。その後釜というのはちょっと、無理でしょ」と恐縮した。

 今年春場所前に堅めのタイプを購入。名古屋場所では東京で使用する製品よりも高級タイプを使っているという。「今はダブルサイズなんですけど、地方で使うのはシングルなんです。それで同じ10万円ですからね」と得意顔。

 力士にとって睡眠も稽古と同じく仕事のうち。負け越しリーチからの3連勝、しかもうち一つは勇み足での白星を奪っているだけに寝具の効果はテキメンか。正代は、「今日はよく眠れそうですね」とキメ顔で引き上げていった。

最終更新:9月20日(火)20時22分

スポーツ報知