ここから本文です

トライアスロン転向の谷真海 東京五輪に向け「2つのチャレンジになる」

スポニチアネックス 9月20日(火)15時13分配信

 パラリンピック女子の陸上走り幅跳びからトライアスロンに転向した谷真海(34=サントリー)が20日、東京・日本橋で行われた「日本橋シティドレッシングforTOKYO2020」オープニングセレモニーにリオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級銀メダリストの吉田沙保里(33)、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長(79)らと出席した。

 谷は04年アテネ大会から3大会連続で出場した走り幅跳びから11年に大会で経験したトライアスロンに転向。昨年4月に出産し、約2カ月後には練習を始め、同12月に日本連合の強化指定選手に選ばれた。「同世代の吉田選手が現役を続行してくれて凄く嬉しい」と同席の吉田の現役続行を喜び、「2020年に向けてやっていかないといけないこともたくさんある。2020年の東京は私にとって2つのチャレンジになる。まずはトライアスロンへの転向。去年出産して母としての挑戦にもなる。家族としてチームとして夢を追えるのは嬉しい」と力強く語った。

 「日本橋シティドレッシング」では、2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムや肖像を使い、日本橋の街全体を五輪・パラ一色に染める。登壇者がそろって「Gofor 2020 Street」の点灯式を行った。

最終更新:9月20日(火)15時14分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。